かんたんニット帽作り方

2014/01/22 

こちらはニット帽作り方のページです。
まずはこちらからご覧下さい → Free pattern★リバーシブルOK!かんたんニット帽



表地クラウン×4枚、裏地クラウン×4枚、リブ1枚を裁断します。
(地の目は画像を参考にして下さい。矢印が縦方向です)

裁断

リブは実寸パターンはありませんので直断ちして下さい。
クラウンと共布でもお作り頂けますが、もしリブをアランやテレコニットなどの
テンション高めの生地で作られる場合は
表記より3~4センチ(わにして1.5~2センチ)横の長さを短くするとすっきり仕上がります。



クラウンを、2枚ずつ中表にしてカーブの部分同士を縫い合わせます。
(縫い代は全て1cmです。)

1



1で作った2つのパーツを、更に中表にして縫い合わせます。
この際、中央の縫い代は互い違いに倒すようにすると、てっぺんがキレイに合います。

2



裏地も同じようにして作りますが、裏地は3の工程の時に返し口を縫い残します。
6~7センチあけておくと返すのが楽です。

3



リブを横半分に中表に折って縫います。
タグを付けたい場合は、この時点で付けておいて下さい。

4



わになっているリブに3で作ったクラウンを入れ、中表に縫い合わせます。
リブの繋ぎ目は、クラウンの繋ぎ目と繋ぎ目の中央あたりにするとバランスよく仕上がります。

5



裏地も同じようにして、リブの反対側に縫い付けます。
縫い終わると下の画像のようになります。

6



表に返し、返し口を手まつりで閉じてリブを一折り、形を整えたらできあがり★

完成


お好みでポンポンを付けると可愛いです★
(ポンポンを縫い付けた場合はリバーシブルにはなりません)

着画



★ポンポンの作り方★

ファーやボアなどの生地を丸くカットして、端から5ミリぐらいの所を
ザクザクと一周手縫いします。

ポンポン


縫い終わったらそのまま糸を引っ張ると丸くなるので、
中に手芸用の綿を詰めて穴を閉じれば完成です♪
綿は多めに詰めるときれいな球形になります。

ポンポンの大きさはお好みで。
サンプルは46~50は11センチ、50~54は13センチで作っています。
毛糸でポンポンを作るのもおすすめです。



★1枚仕立てで作る場合★

同じ型紙を使い、裏地なしの1枚仕立てで作る事もできます。
その場合は縫い代にロック・ジグザグミシンなどの端処理をして下さい。

3の工程まで行ったあと、4を飛ばして5のリブ作りに進みます。
横半分にして縫い合わせたリブを更に縦半分に外表にして折り、
下の画像のようにクラウンと3枚一緒に縫い合わせると、1枚仕立てのニット帽になります。
(画像では端処理をしていませんが、縫い代にはロックミシンorジグザグミシンをかけて下さい。)


裏地なし


1枚仕立ての場合はやや大きめに仕上がります。

ロックミシンをお持ちでない方は、裏地付きの方が綺麗に仕上がりますので
裏地付きで作られる事をおすすめします(*^_^*)


作り方は以上となります★

作り方を印刷される場合はこちらのpdfファイルをご利用下さい^^


よければぽちっと↓クリックして頂けたら嬉しいです♡
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ
ハンドメイド子供服ブログランキング


** お気軽にフォローして下さい♪ **


Instagram
↑IGが1番更新頻度高いです☆




同じカテゴリー(FREE PATTERN)の記事

comment (-) @ FREE PATTERN
Free Pattern★リバーシブルOK!かんたんニット帽(改訂版) | 手づくり市終了!と、来年に向けて。

アイスティーとミシンと娘。

http://rapiss-blog.com